2014.4.13~ みんなに支えられながら、今日も元気にこいでます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐らく広島のボランティアの記事はこれで最後になると思います!

この報告を通して
少しでも土砂災害の現状を知って貰えたら、
そして今でもボランティアの手が必要とされていることを知って貰えたら、と思います!

IMG_3370_R.jpg

IMG_3371_R.jpg

ボランティアは僕が関わっていたNPO「め組JAPAN」だけでも、
毎日60人~70人くらいの方が集まっていました。

そのうちの8割くらいの方が広島の方。
「仕事が休みだったから」「他人事と思えなくて」
「友だちがこの近くに住んでいる」「見に来るのも怖かったけれど助けになりたい」
皆さん、様々な想いを持っていらしていました。

め組JAPANは僕みたいな
県外からのボランティアも受け入れていて、
山口や岡山から駈けつけた方もいました。

目茶目茶頑張っているおっちゃんがいたので休憩中に話しかけてみると、
「昔自分も土砂災害の被害を受けて、その時にボランティアに助けて貰った。
 少しでも恩を返そうと思ってきている。」と、お話されていました。

遠くから駆け付けた海上自衛官の方々も居ました。
40~50代と思われるおじさん方が
段違いの手際でどんどん土嚢を作る姿は頼り強かったです!
専門の方々が来てくれることで、
何よりもお家の方が安心できたと思います。

休憩中に「まだ25なら自衛官行けるぞ!」とお誘いしてくれたり、
翌日に息子さんを連れて「こいつを使ってくれ!」と僕の作業班に寄こしてくれたり、
僕のブログを見つけてコメントをくれたり!

沢山元気を貰いました!(*^-^*)

IMG_3384_R.jpg

自衛官といえば、お風呂も入らせて貰いました!
「あ、温泉が出来てる!」と知ってはいたのですが、
ボランティアで来ている身なので遠慮していると

「どうぞ、どなたも入って良いですから」
と声をかけてくれたので入らせて頂きました。

やはりお風呂に入るのと入らないのとでは、
全然疲れの取れ方が違うので、本当に助かりました!
ここのお風呂でも地元のおっちゃんや
東京から来たおっちゃんなど、
色んな出会いと交流がありました(*^-^*)笑

みんな口々に「広島の為にありがとう」と、
感謝の気持ちを伝えてくれました。

IMG_3446_R.jpg

8日目の夜には炊き出しで余ったジャガイモを配ってくれました。
「ボランティアの方にも配りたいので」と、本当に嬉しかった~。

また、お昼休みに疲れて仮眠をとっていると、
「具合悪いの!?大丈夫!?」
と、避難所のおばちゃんがお茶を差し出してくれました。
「いえ、眠っていただけですから(;´▽`A``」
とお断りしましたが、「疲れかろう、ご苦労様ね~」
と、僕の胸に預けてくれました。

本当に疲れてるのは、
避難所生活が続いてるおばちゃんの方だろうに…。
その心遣いに、かえって僕の方が救われる思いでした。

IMG_3411_R.jpg

岡山から駆け付けた親子、
中学2年生になる“かっちゃん”は一番の働き者!

IMG_3413_R.jpg

「ここの土嚢、全部運んじゃうんで手伝ってくださーい」
「その重たいのは木村さんが運んじゃいますから~」

と、周りの大人たちにどんどん指示をだし、
自分はひたすらねこ車で土嚢運び。
皆口々に「あの子は本当に偉いね~。」
と褒めていました。

かっちゃん親子は4日間くらいボランティアに参加し、
僕もめ組では一番の古株となりつつあったので、
自然と仲良しになっていました。
(一緒に公園に泊まったりもしました。笑)

かっちゃん親子の方が一足先に広島を発つこととなり、
お別れしてからは胸の穴がポカーンと空いたようでした。

IMG_3417_R.jpg

後半僕が関わっていたお家だけでも、
一日2000個近くの土嚢を作っては運び出していました。
重機が入れないお家の中は
そうやって人の手で運び出すしかないのです。
だから、人手はあればあるだけ力になります。

IMG_3381_R.jpg

土砂が取り除かれてスッキリした風景を見るとやっぱり嬉しくなります。
一日でも早く土砂を取り除いて、被災された方々が普通の生活に戻れれば良いなぁ、と強く思います。

ボランティアは代わる代わるですが、
お家の方はずっと働き詰め。
皆さん自分たちで泥だしをするだけでなく、
僕たちボランティアのことも気遣ってくれる方々なので、
本当に休まる時がないんじゃないか、と心配です。

一日くらい作業もボランティアの受け入れもやめて、
どこかでゆっくりする時間を作ってくれたらなぁって思います。
お家の方としばらく顔を合わせるうちに、色んなことをお話してくれました。
いつも笑顔で気遣ってくれるけれど、
内心では、今回の災害で本当に傷ついているように思えました。

IMG_3414_R.jpg

最後の土日は社会福祉協議会経由で来た方々も集まり、
僕が作業していたお家だけでも、200人もの人が来てくれました!
これからも継続してボランティアの方々が集まってくれれば嬉しいなぁと心から思います。

ボランティア最終日は
東日本大震災や阿蘇の水害のときに
活動してくれていたYOSHIさん(本当に頼れる方でした)に
僕が行っていた作業を引き継いで終わりました。

そして最後に帰る準備をしていると、
ボランティアで仲良くなった地元のじいちゃんから電話がかかってきて
「いもや弁当が余ってるからとりにおいで」と、声をかけてくれました。

配給していたおばちゃん方が
「長い間お疲れ様、広島の為に本当にありがとう!」
と、信じられないくらいのいもやパン、お弁当などを持たせてくれました(T-T)
有難く頂かせていただきました。

また、明日子どもたちのために紙芝居をすることを知って翌日覗きに行くと、
なんと、宮沢賢治「注文の多い料理店」の紙芝居を僕に演じさせてくれました。
子どもたちの反応は、微妙!笑
是非またリベンジに上がらせて頂きたいと思います。笑

学校が避難所となり子どもたちも様々なストレスを受けているはずなので、
こういうボランティア活動に関われて本当に嬉しかったです。

IMG_3419_R.jpg
IMG_3454_R.jpg
IMG_3420_R.jpg

この10日間で、安佐南区は1日1日少しずつ景色が変わって行きましたが、
まだまだボランティアの手が必要です。

IMGP5529_R.jpg

安佐南区だけじゃなく、他の地域も大きな被害を受けています。

IMG_3414_R.jpg

10日間ボランティアに関わり強く感じたことは、
“人の力はすごい”ということです。

最初は想像を遥かに超えた現状に
途方もないような気持ちになっても、
1日1日終わる頃には、
人海戦術でこんなに変えることができるのか、と驚くほどでした。

別に僕たちは特別な力を持っているわけではないけれど、
想いの力でここまでやれるんだ、ということを感じました。

自分の想い、応援してくれる人の想い、
お家の方の想い、色んな人たちの様々な想いを胸に
過ごした10日間は僕自身も救ってくれました。

ずっと泥出しをする中で、
自分と、他人と、真剣に向き合うことを知ったように思います。
まだまだ自分は子どもなのだと思い知りました。

いつか必ずまた広島へ戻ってきたいと思います。
そしてそれまで、ずっと広島のことを応援しています。

一丸となって泥だしに励んだ全ての方たちとご家族、
梅林小学校でお話てくれた色んな方々、
縁あって泊めて頂いた気の良い方々、
想いを託してくれたみんな、全ての人に感謝を。

頑張れ広島!
スポンサーサイト

【2014/09/06 20:34】 | 広島
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


○○さん!
なお
コメントありがとうございます!
せっかくコメントして頂けたのに
気が付くのが遅くなってしまって申し訳ないです(T-T)

広島の方からコメントを頂けるとは、ありがとうございます(*^-^*)
本当にあの時は自分でもどうしたら良いのか分からないまま
目の前のことにただひたすら取り組んだのですが、
少しでも被災された人たちの助けになれたのなら良かったのかなぁと思います。

それは複雑ですね…。
東日本大震災の時、僕の友だちは家族も皆無事だったのですが、
ボランティアで仮設住宅を周った時、親を亡くされている子どもたちには、
僕もどのように声をかけたり、接すれば良いのか分からないでいました。
でも友だちなら寄り添いたいし、何かしたいですよね。

今でもまだ広島でボランティア団体が活動していて嬉しく思います!
僕もまたいつか広島を訪れたいです。広島はそれだけ心に残っている町です。
それでは、遅くなってしまいましたが、
このメッセージが届いてくれると嬉しいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/07(Sun) 21:20 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/17(Fri) 23:01 |   |  #[ 編集]
○○さん!
コメントありがとうございます!
せっかくコメントして頂けたのに
気が付くのが遅くなってしまって申し訳ないです(T-T)

広島の方からコメントを頂けるとは、ありがとうございます(*^-^*)
本当にあの時は自分でもどうしたら良いのか分からないまま
目の前のことにただひたすら取り組んだのですが、
少しでも被災された人たちの助けになれたのなら良かったのかなぁと思います。

それは複雑ですね…。
東日本大震災の時、僕の友だちは家族も皆無事だったのですが、
ボランティアで仮設住宅を周った時、親を亡くされている子どもたちには、
僕もどのように声をかけたり、接すれば良いのか分からないでいました。
でも友だちなら寄り添いたいし、何かしたいですよね。

今でもまだ広島でボランティア団体が活動していて嬉しく思います!
僕もまたいつか広島を訪れたいです。広島はそれだけ心に残っている町です。
それでは、遅くなってしまいましたが、
このメッセージが届いてくれると嬉しいです。
2014/11/20(Thu) 20:29 | URL  | なお #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。