FC2ブログ
2014.4.13~ みんなに支えられながら、今日も元気にこいでます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア2日目は雨による避難勧告により中止となりました。
僕が10日間お世話になったNPO「め組JAPAN」の運営のお手伝いをして終わりました。

3日目から9日目までは
朝9時から夕方5時まで毎日泥だしをしていました。
3日目からは社会福祉協議会が中止の発表をしても
自己責任で作業することが許されたので、
め組では多少雨が降ろうとも作業を続けていました。
(その間ボランティア保険がおりない旨は毎回説明してくれました。)

IMG_3326_R.jpg

梅林小学校から八木3丁目に向かう道路は、
7日目に入ったくらいでようやく水がはけました。
山に溜まった水が絶え間なく流れ続けて来るのです。
恐らく今でも水の流れは止まっていないと思われます。

IMG_3329_R.jpg

IMG_3330_R.jpg

どこで作業を行うにしても、まず目前の土砂を除かなければ作業になりません。
このねこ車と呼ばれるものに土砂を積んでは運び出しました。
岩だとか瓦だとかも関係なく積まれるのでとにかく重いです。笑
3日目が終わる頃には家の前の土砂を殆ど運び出すことができました。

IMG_3340_R.jpg

更に3日目の午後から、
ついに重機が入ってくれました!

僕たちが何とか開いた道に
ユンボ(パワーショベル)が入ると、
それまでに積み上げた土砂や岩石を
瞬く間に運び出してくれました。

最初は1台だけ。
でも一日また一日とどんどん重機が増えていき、
僕たちが作業した一帯のお家に
次々とユンボやダンプカーが入ってくれました。
みんなボランティアで入ってくれている方々です。
本当に心強かった。

手前で作業しているおっちゃんと良くお話するようになり、
いつの間にか仲良くなっていました。
朝来ると必ずこのおっちゃんがいて、僕たちが帰った後もずっと作業を続けていました。
おっちゃんが休んでいるところを、4日間一度も見たことはありませんでした。
そんなおっちゃんが7日目の終わりに
「俺ぁもう明日から仕事で来れなくなるんだ…」と、悔しそうに呟かれました。
そして最後に、信じられないくらい厚い手で固い握手をしてくれました。
この時既に僕もクタクタだったけれど、
絶対に最後まで半端に取り組むことはしないと誓いました。

IMG_3347_R.jpg

今ではこの駐車場もスッキリ片付いています。
後で見返してみると、片付いたことが本当に信じられません。
人の力は本当に凄いです。

IMG_3378_R.jpg

僕たちが作業をしているお家の更に上方は、
言葉にならないほど酷い状態でした。

IMG_3375_R.jpg
IMG_3422_R.jpg

下の写真のお家は8日目に重機が入れるようになり、
何とかがれきを退けはじめることができました。
重機ではやりきれない部分、
例えば巨大な大木などはチェーンソーでバラバラにし、
人の手で運びだしました。

IMG_3429_R.jpg

この方も毎日朝から晩まで休むことなく作業をされていました。
常に動いている方だったのでお話することは殆ど無かったけれど、
目が合うといつでも笑顔を向けてくれて、「元気出して頑張ろう!」
と思わせてくれる素敵な方でした。

長くなってきましたので、その3へ。
スポンサーサイト

【2014/09/06 18:48】 | 広島
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。