2014.4.13~ みんなに支えられながら、今日も元気にこいでます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

53日目は道の駅「てんのう」で起床!
ここはホテル並みの設備で、
今まで泊まった道の駅の中でもトップクラスでした。
嬉しい水道つき(*^-^*)トイレも凄かったです笑

IMGP6739_R.jpg

今朝も勿論食パンスタートなのですが、
このぷりんクリーム、目茶目茶おいし~ヾ(@⌒¬⌒@)ノ
次見かけたら絶対買い!でもあんまり置いてるの見ないんですよね。


IMGP6742_R.jpg

道の駅を5時半に出て、7号線をひた走ります。
早いうちに出ると安心して車道を走れます(*^-^*)
でも天王から秋田港までは歩道も広々としていて、どっちでも大丈夫でした!

IMGP6743_R.jpg

昨日泊まる予定でいた道の駅「秋田港」
ここでも良さそうだったなー!
当然まだ開いてないのでスルー(・ω・)


今日は120キロ先の酒田を目指していたので、
酒田までは移動に専念するつもりだったのですが、
やはり折角来たのなら…と、やや内陸に入り、
秋田市街を観光することにしました。

IMGP6765_R.jpg
IMGP6746_R.jpg
IMGP6752_R.jpg
IMGP6756_R.jpg
IMGP6759_R.jpg

秋田ー!
綺麗な街並みでした(*^-^*)

ちょうど通勤時間とかぶっていたので、
秋田の女子高生も見ることができました(`・ω・´)笑
目の保養でした!

途中、通学中に自転車の泥除けが壊れて
走れなくなっていた子がいたので、
持っていたツールを使って手助けしました。
応急処置…程度には治り、

「本当にありがとうございました。あの…あなたのお名前は…?」

と聞かれたので、名前は告げず、颯爽と去りました。

当然名前も聞かれていませんし、
困っていた子は男子高校生でしたけどね!!

(ちなみに秋田滞在中も、一度も若い女性とは話してません(`・ω・´)笑)


IMGP6785_R.jpg
IMGP6782_R.jpg

秋田市街を抜け…道の駅「にしめ」へ。

IMGP6788_R.jpg

にしめに到着すると、
駐輪場に日本一周中のグレートジャーニーがとまっていました!
キャンピングカーのご夫婦とちょこっとお話をした後、
道の駅近辺を探してみると…

IMGP6787_R.jpg

いましたー!
黒こげチャリダー!笑

熊本(たしか)から出て、
既に最南端の島、波照間島も制覇し、
これから北海道へ向かうそうです!

隣には熟練の旅人っぽいじーちゃんがいて、
わーわーと話していました(*^-^*)

チャリダーさんが、どこかで半年くらいバイトしてみたい、
と語っていたので、礼文島のうろんころんさんを紹介しておきました笑

そんでこのじーちゃんが半端なくおしゃべりで、
結局1時間くらい話し込んでしまいました(≡д≡)
後半はもはやわんこそば状態でしたね…
(どこでフタできるかが勝負)

でも有益な情報をたくさん頂いたので、とっても感謝です!


お2人と別れてから、がっつりこいで「にかほ市」へ突入。
にかほ市と松島町は夫婦町だそうです!

IMGP6789_R.jpg
IMGP6790_R.jpg

ほえー。全然知らなかった。
象潟の風景も気になりますな!(*^-^*)

IMGP6792_R.jpg

鳥海山(多分)が見えてきて…

IMGP6793_R.jpg

山形県へ!

県から県へ移動するのって、めっちゃ楽しい(*^-^*)笑


IMGP6795_R.jpg
IMGP6796_R.jpg
IMGP6797_R.jpg
IMGP6798_R.jpg
IMGP6802_R.jpg
IMGP6805_R.jpg

三崎公園を散策!
奥の細道の最終地点らしく、結構良いところでした(*^-^*)
…奥の細道はゴミだらけだったけど(≡д≡)

IMGP6815_R.jpg

でも海が素晴らしいんです。
文字通りキラキラしてるんですよね。
快晴だったらもっと気持ちいいんだろうなー(*^-^*)


IMGP6821_R.jpg

IMGP6824_R.jpg

IMGP6825_R.jpg

こんな海の脇を走り、
通りすがりにあった十六羅漢像を訪ねる。

IMGP6826_R.jpg
IMGP6827_R.jpg
IMGP6828_R.jpg
IMGP6829_R.jpg
IMGP6831_R.jpg

すごい。


IMGP6833_R.jpg

IMGP6834_R.jpg

最後の最後で風車が邪魔をする(T-T)笑

IMGP6835_R.jpg

酒田ー!道が狭いぞ!
でも住宅街の雰囲気がとっても良いよね。

IMGP6838_R.jpg
IMGP6839_R.jpg
IMGP6840_R.jpg

酒田駅に着いたは良いものも、時刻は既に午後6時。
見たかった蔵や美術館は閉まっていて観光できず…。
道の駅が無かったので、久々の公園野宿になりそうだったのですが、
久々に長距離を走りクタクタになって判断力が衰えていたのか、
何故か半額弁当を探し続けていました。

中々スーパーが見つからず、時刻は6時30分。
日も暮れはじめ、やばい!と思った僕は、ようやく半額弁当を諦め、
とりあえず見つけたツルハドラッグでパンを買い、
近くの公園を目指すことにしました。

すると、その矢先にお兄さんがウーロン茶を差し入れてくださり、
今度はロードをやっているおばさまが焼き肉に誘ってくださり、
あれよあれよという間に、夜の9時に!

幸運にも、近くの日和山公園がとても良い公園だったので、
寝袋だけ出して池のふちで眠りました。
カエルの声を聴きながら眠るのもなかなかオツですね。

誰にも見つからないうちに、明日も早起きしなきゃなぁ…(; ̄ー ̄川

走行時間:12時間46分
走行距離:135キロ
天気:曇り
気温:25度

買ったもの:
チョコ好きのためのクロワッサン、108円
スポーツドリンク4本、232円
だんご、90円
野菜ジュース、79円
パン、100円

計622円

食べたもの:
朝、食パン、チョコ好きのためのクロワッサン
昼、だんご
夜、パン、いただいた焼き肉

一言:走りすぎてもしようがない!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2014/06/11 23:57】 | 秋田
トラックバック(0) |
52日目です!

IMGP6607_R.jpg

今日の目標は「男鹿半島」一周!
…しかし、昨日に引き続き、なかなかボルテージがあがりません。

というのも、南から登ってきたあるチャリダーの方が、

「いやー、男鹿半島はトラウマですね。あそこは本当に心が折れました」

と、語っていたからです。

まぁ、何がそんなにきついのかというと、
これでもか、というくらいのきつい起伏が繰り返すらしいんです。
それは僕が最も嫌いとするものの一つですからね…(≡д≡)うーむ。

しかし!!
多くの旅人が男鹿半島を推していたことも事実であり、
礼文でお世話になったうろんころんさんにも勧められていたので、
これはまぁ、行くしかないと。

まぁ、せめて、地元の方にもお勧めされていた「入道崎」までは行こう!
と心を入れ替えて、出発しました。

IMGP6608_R.jpg

大潟を抜け…

IMGP6610_R.jpg

いざ、男鹿半島へ!

IMGP6609_R.jpg

今日も日本海が綺麗だー!(*^-^*)

初っ端から起伏が続いたものの、
景色が良いのでテンションは上がり調子。
しかし、途中で重大なことに気が付く。

水が無い…。

昨夜、道の駅に水道が無いことに気付き、
「まぁ、ここら辺ならどこか公園があるべ」
と、軽ーい気持ちで水を飲みほしたのですが…
公園はおろか、水道も見当たらず。
そして自販機も見当たらず…。(あっても電源がついてない笑)

「のどが渇いた」と感じ始めてから1時間くらいこぎこぎし、
のどはカラッカラ、手はしわしわになり、頬はこけ、
ミイラになるんじゃないか、と思った時に
ようやく動いている自販機を発見したときは
心の底から「助かった~!」と思いました。

約1か月半ぶりに自販機に手をのばし、
「がぶ飲みミルクコーヒー(150円)」を購入。
それはもう、がぶ飲みです!

チャリダーの鉄則:水は汲めるとき絶対に汲む。

というかMAX1リットルじゃ足りないかも。


IMGP6611_R.jpg

入道崎を目指していると
なまはげ館の道案内が出ていました。
なまはげ館は男鹿半島のへその部分に位置し、
思いっきり内に入ってしまうのですが、
どうにも気になったので行くことにしました!

IMGP6613_R.jpg

鳥居をくぐってなまはげ館へ。

IMGP6616_R.jpg

IMGP6615_R.jpg

なまはげ館へ到着!
外観からすーっごく良い感じ!
3つ建物が並んでいて、
「なまはげ館」「なまはげ伝承館(実演)」「里暮らし体験館」
と、それぞれ分かれていました。
共通券が800円(864円)と結構したのですが、
ネットで50円引きのクーポンが落ちてたので少し緩和されました笑

でもここは、お金を払ってでも入って本当に良かったー!
大満足のなまはげでした。

IMGP6621_R.jpg



IMGP6624_R.jpg
IMGP6625_R.jpg
IMGP6648_R.jpg
IMGP6629_R.jpg

ホールでは、「なまはげの一夜」という30分間の映画を見ることができ、
なまはげ伝説に始まり、なまはげの伝統、しきたり、実際の様子などを学ぶことができます。
数人のなまはげに思いっきり抱き上げられ「ぎゃあああああああ」と叫ぶ子どもや、
なまはげが来る前から「ごめんなさいごめんなさい…」とがたがた震える子どもの姿に、
ところどころから笑いが漏れていました(*´▽`*)笑

なまはげは鬼のようですが、男鹿の人たちにとっては、
訓戒を与え、厄災を払ってくれる神様なんだそうです。
なので、年に一度大みそかの日、
各家庭でなまはげを迎える準備をし、
丁重になまはげをもてなすのだそうです。

自分が抱いていたなまはげのイメージと大分違っていて驚きました。

隣接している伝承館では、
なまはげの実演を見ることができました。

2014-06-03 006_R

2014-06-03 027_R

後ろ、後ろ!

2014-06-03 014_R

分かっていても、やっぱり怖い笑
まず、「うおー!」という声がすごいです。
最早「うヴぉおおおーーーッッッ!!」という感じ。
動作も荒々しく、物音の立て方も半端が無いです。
大きな音を立てることで、厄災を払っているんですね。

「なまはげ問答」の実演もリアリティがあって面白かったです笑
間近で舞台を見ている感覚。
自分が本当のチビの頃に、ばあちゃん家で過ごした正月のことを思い出しました。

大みそか、沢山のいとこと茶の間に集まって、
テレビから流れる紅白歌合戦を聴きながら、
ごろごろしたり、漫画を読んだり、肩車をして遊んでもらったり…
12時になったら「明けましておめでとうございます」と挨拶をし、そばを食べる。
ただそれだけのことなのに、凄く特別な感じがして。

中学生になってからは、大みそかは友達と初詣に行くようになったので、
田舎で正月を迎えることはそれっきりになってしまったけれど、
“昔ながら”っていうことの良さや大切さが、今になって分かってきたように思うのです。

IMGP6637_R.jpg
IMGP6639_R.jpg

なまはげから落ちたわらは、一年間幸福を呼んでくれるそうです。

IMGP6650_R.jpg

興奮が冷めやらぬうちに、なまはげに変身してきました笑


IMGP6660_R.jpg
IMGP6652_R.jpg
IMGP6656_R.jpg
IMGP6654_R.jpg
IMGP6657_R.jpg
IMGP6658_R.jpg

3つめの「里暮らし体験館」でひとしきり遊び、

IMGP6640_R.jpg


IMGP6662_R.jpg
IMGP6663_R.jpg

お茶屋さんでごへいもちとわらびを食し、大満足。

お土産も可愛かったので沢山買っちゃいました(*^-^*)笑
なまはげ館、非常にお気に入りです!


意気揚々となまはげ館を後にし、入道崎に向けて一直線!

IMGP6666_R.jpg

入道崎には沢山お店がありました!
ここだけザ・観光地って感じでした笑
店員さんの感じもとても良かったです。

IMGP6685_R.jpg

入道崎、綺麗なところでしたが、
僕の単焦点レンズでは全く収まりきりません(T-T)

IMGP6668_R.jpg

形が気になるなまはげアイス。

IMGP6669_R.jpg

稲庭うどんだ!

IMGP6670_R.jpg

ババヘラアイスだ!

IMGP6676_R.jpg

ハタあげ丼という、ハタハタのフライ丼をいただきました。美味しかった~!
気に入った土地なら贅沢するのも悪くないですね(*^-^*)

IMGP6677_R.jpg
IMGP6680_R.jpg

飯を食べてる間に猫が自転車にすり寄り、洗濯ばさみを一個盗んでいきました笑


IMGP6692_R.jpg

来た道は戻りたくないので、やはり男鹿半島を一周することに。

IMGP6693_R.jpg
IMGP6703_R.jpg
IMGP6695_R.jpg

ここからは、本当にきつかったです…。
売店のおばちゃんに、「見どころとかありますか?」って聞いたら、
「なんもないよ!海!ずーっと海!」とおっしゃっていたのですが、実際そうでした笑

まぁそれはいいとして、坂がきっついのです。
傾斜がね…。ここは自転車で来るところではないですね笑
車通りが少ないのが唯一の救いでした!


IMGP6699_R.jpg
IMGP6698_R.jpg

途中港町を通り過ぎ、

2014-06-03 041_R
2014-06-03 042_R

とんでもない釣り人?をスルーし、

IMGP6715_R.jpg
IMGP6716_R.jpg

「ゴジラ岩」を発見しました!

IMGP6717_R.jpg
IMGP6721_R.jpg
IMGP6722_R.jpg

岩がすごかった!恐らく火山の噴出物。
強めに触ったけれど、びくともしませんでした。


IMGP6727_R.jpg

この勇ましいオブジェが見えたら、男鹿半島のゴールも近い!

2014-06-03 050_R

道の駅「秋田港」を目指していたけれど、挫折笑

IMGP6728_R.jpg
IMGP6729_R.jpg
IMGP6730_R.jpg
IMGP6731_R.jpg

道の駅「天王」
ホテル並みでした。

IMGP6733_R.jpg

隣接している公園も、しゃれにならないほど広いです笑

IMGP6734_R.jpg

IMGP6736_R.jpg

IMGP6737_R.jpg

ここ…住めますね笑

走行時間:9時間23分
走行距離:92キロ
天気:曇り
気温:25度

買ったもの:
なまはげ館入場、814円
ごへいもちとわらび、350円
ハタあげ丼、864円
食パン、93円
鳥ひきにく、73円
もやし、11円
ジャム、94円
クッキー、158円
自販機で買ったジュース、280円
エナジードリンク、200円

計 2937円

食べたもの:
朝 食パン
昼 ごへいもちとわらび、ハタあげ丼
夜 ご飯、鶏ひきにくともやしを炒めたやつ

一言:日本の伝統っていいよね~。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

【2014/06/11 21:26】 | 秋田
トラックバック(0) |


urocoro
悪いチャリダーはいねがー!

ニャンコは洗濯バサミ何に使うんやろね(笑)

urocoroさん!
なお
走らないチャリダーなら!笑

にしめであった貧乏チャリダーさん、
良い奴っぽかったので、urocoroさんのことお話しておきました(*- -)(*_ _)ペコリ


urocoro
今見たよ!チャリダーに礼文島を紹介しまくっといて!パン買ってあげる(^^)

urocoroさん!
なお
わーい!*\(^o^)/*
カレーパンがいいです!

少なくとも2人は礼文送りにしましたよ!
チャリダーではありませんが
原付のGENさんもおもろい人なので、
見つけたら拉致してくださいね。

コメントを閉じる▲
51日目です!(*^-^*)
この日は男鹿半島を一周する予定でしたが、
手前にある大潟で力尽きました笑
大潟、ここも凄かったです!


IMGP6535_R.jpg
IMGP6537_R.jpg
IMGP6538_R.jpg

道の駅「八森」で起床。
朝ごはんは、昨日食べ切れなかったご飯に雑炊の素を加え、
ぐつぐつ煮込んで食べました(*^-^*)

お殿水をたっぷり汲んで、準備完了!

IMGP6545_R.jpg

秋田ー!超気持ちいい(*^-^*)

IMGP6548_R.jpg

IMGP6549_R.jpg

IMGP6552_R.jpg

お客様を運びつつ

IMGP6558_R.jpg

IMGP6560_R.jpg

能代へ!
結構大きい町でした!

IMGP6561_R.jpg

さすが能代。バス亭の標識がバスケットボールヾ(@^▽^@)ノ

IMGP6565_R.jpg

いざ、大潟へ!

IMGP6568_R.jpg

物凄い道が続く!
ひたすらまっすぐ。

脇をみれば、果てしなく続く農道。

IMGP6570_R.jpg

こりゃすごい。

地図上ではそうでもないのですが、
とにかく道が長ーく感じました。
横に入る道も民家も無いので、逃げ道がない笑

大潟は元々日本で二番目に大きかった湖「八郎潟」を干拓して作った土地で、日本最大の干拓地となっています。
また、海抜0メートル地帯にあり、大潟富士という標高0mの山もあるそうです(*^-^*)


なんとか道の駅「おおがた」にたどり着くと、
日本一周中のおじさまと遭遇しました!

IMGP6580_R.jpg
IMGP6578_R.jpg
IMGP6582_R.jpg
IMGP6593_R.jpg

5年前にロードバイクに乗り始め、
67歳というお歳にもかかわらず、
大阪からここ秋田まで一週間で来たそうです!
凄い…。そして、僕よりこいでる!!(*^-^*)笑
お勧めの装備や、食事、体のつくり方を教えていただきました!

IMGP6577_R.jpg

なんと道の駅のラーメンまでご馳走してくださいました!(*´▽`*)
ありがとうございました!


IMGP6601_R.jpg

昨日からかなり気力が落ちていたので、
まだ午後3時でしたが、男鹿半島を諦めることにしました。
「ポルダー潟の湯」という温泉が近くにあったので、
ここでゆっくりすることに。

IMGP6604_R.jpg

ロッカーが10円の上に、使用後戻る!(感動)

今日は道行くおばちゃんやおじちゃんと会話しながら進んだのですが、
秋田の人って、話しやすいし好きだなー(*^-^*)
大体みんなにこにこしているんですよね。
それも、嫌な感じがしない“微笑み”の笑顔。
北海道の道南と似た空気がありました。
話し始めるとめちゃめちゃ長くなるところとか笑
でもそういう方が僕は好きだなー(*^。^*)

あと、やっぱり秋田は美人さんが多いです!
本当に肌が白いんですよねー。
そして細めの方が多いです。

元々がそうなのかもしれないけれど、
日陰を歩いたり日傘をしたりと、
日に当たらないように、とても気を遣っている様子でした。
皆さんが「秋田美人」という看板を背負っているんですね。

ということで温泉に入り終わって7時。
そのまま道の駅「おおがた」まで戻り、
テントを張って就寝しました。

温泉でぽかぽかしたまま寝るのは最高です!

走行距離:67キロ
走行時間:8時間くらい
天気:晴れ
気温:25度

買ったもの:
食パン60円
ジャム98円
パン98円
虫よけスプレー298円
キャンドゥーの美味しいお菓子108円
パン68円
パン68円
野菜ジュース156円
入浴代400円

計1354円

食べたもの:
朝、雑炊
昼、おごっていただいたラーメン、買ったパン
夜、買ったパン

一言:秋田Good!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

【2014/06/09 13:34】 | 秋田
トラックバック(0) |


あなご
おーい!遅いよ!
ちょー気になってたから笑
秋田美人に会いたい‼︎笑

あなごさん!
なお
すまぬ!*\(^o^)/*笑
秋田良いとこ、行くときはお勧めスポット教えるぜ!

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。