2014.4.13~ みんなに支えられながら、今日も元気にこいでます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

73日目は島根県江津市「サンピコごうつ」で起床。
…サンピコってなんだろう笑

IMGP9598_R.jpg

今朝は昨日の女性旅人さんと一緒でした!
このTシャツも手作りなのだそうです。素敵だなー。

IMGP9599_R.jpg

Aさんは角島へ、僕は萩を目指して出発!
その距離150キロ!たまちゃんも言っているけど、たぶんむり。


気持ちが上がっていたので、時速15キロと久々の快走。
30キロ進んだ浜田という町で水を汲んでいると、
散歩中のおばちゃんが声をかけてくれました。

「この町は水害がひどくてねぇ…」

と、昭和63年の集中豪雨で
今自分がいる場所は2m60cmも水が溜まり、
車も、家も、何もかもが全壊したというお話を聞かせてくれました。

東北ではそんなことは考えられないけれど、
しばしば中国や九州が冠水している映像をテレビで見ていて、
ここでは現実として起きることなんだなぁ、と実感しました。
洞爺湖町で火山口の周りを歩いたときも感じたけれど、
その土地土地で向き合うものが違うんですよね。

おばちゃんと別れた後すぐ通りに鍛冶屋さんを見つけました。
鍛冶屋を見たのは初めてで、中から「カーンカーン!」と響く音やチラと見える火花、
一度通りすぎてしまったのですが、どうにも気になり訪ねてみることにしました。

IMGP9605_R.jpg
IMGP9608_R.jpg
IMGP9606_R.jpg
IMGP9609_R.jpg

とはいえ仕事の邪魔をするのも申し訳ないので、
おやじさんに声をかけ少しだけ見学させて貰おうと思ったら、
4時間も話し込んでしまいました(*^-^*)笑
予想外におしゃべり好きで気さくなおやじさんでした。

詳しくは書けませんが、
職人だけが知っている知識、生活、仕事、沢山のことを教えて頂きました!

ご家族のお話も沢山聞かせてくれて
いいお嫁さんの選び方、きちんとした子どもの育て方など
本当にいろんなことをお話したなぁ(*^^*)笑

奥さんもまた人当りの良い方で、3人でわぁわぁと話通しでした。
ちょうど休みの時間に僕が来たみたいで良い話相手になったみたいでした笑

おやじさんの厚くなった手に、職人さんの重みと、そこに流れる熱い血を感じました。
持たせてくれたお土産は僕の一生の宝物です。

旅をしているとよくよく思うのですが
自分の父親、母親が増えていくような感覚があります。

これだけ良くして貰えるのは何なのだろう。
普段の生活では得られなかった出会い。
いや、得ようとしなかっただけなのだろうか。
人との繋がりをぐっと感じられるようになったのは
旅に出て本当に良かった、と思える一番大きなことかもしれません。


その後自転車をこいでいると、
めちゃめちゃ熱いチャリダーさんに出会いました!

IMGP9620_R.jpg

もの凄いエネルギーを感じました!
歳は僕の2倍くらいだそうなのですが…うーむ!信じられない笑

Tさんは群馬から出発されたみたいで、
なんと、その出発日が僕の翌日!
時計回りで周っていて、既に沖縄も走ってきたみたいです。

IMGP9619_R.jpg

自転車は「グレートジャーニー 2014モデル」
バッグが日に焼けて色が変わっていました。
うーむ、流石沖縄…。

IMGP9623_R.jpg

お勧めスポットの情報交換をしたり、
チャリダー生活についてお話しました(*^-^*)
種子島、屋久島、しまなみ海道…
まだまだ日本の見どころが残っていますねぃ。

あやしいおやじの独り旅

Tさんは道の駅では一切止まらず、
海岸などでテントを張り、独りゆっくり晩酌するスタイルらしいです笑

良い旅を!


この日は69キロだけ進み、
益田にある運動公園で泊まりました!
職員さんが「泊まるならここだねー」と許してくれたけど、
中々人が多くって、落ち着きませんでした。
…やっぱり道の駅だな!

ご飯を食べていると、ピンポンで来ていたおっちゃんが声をかけてくれて、
農家のお話を聞かせてくれました。

「次の担い手がいないけん、うちの周りもどんどん畑がダメになってく。
 だけん、今の時代はやればやるだけ赤字。
 若いもんにやらせるのも可哀相だし、農家はもう終わりなんかなぁ…。」

時代がどんどん進んで、仕事も、人も変わっていく。

旅が終わったらどんな仕事に就くのかなぁ。
そんなことを考えながら眠りにつきました。

IMG_1976_R.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2014/07/01 23:16】 | 島根
トラックバック(0) |
72日目は島根県出雲市にある道の駅、
「大社ご縁広場」で5時に起床。

ここは出雲大社から2キロと離れてなく、
早朝に訪問するには絶好のロケーション(*^-^*)
輸送路から外れている道の駅は静かで好きです。


IMGP9376_R.jpg

出雲大社までは、まっすぐな道が伸びていて、
御本殿まで4つの大きな鳥居があり、
まずは一番大きな「宇迦橋の大鳥居」をくぐります。

一の鳥居と二の鳥居の間の表参道「神門通り」。
僕が走ったときは時間が早すぎて
どこも開いていなかったのですが、
そば、ぜんざい、カフェやお土産屋さん、
とても良い雰囲気のお店が多かったです(*^^*)
デートで歩いたら楽しいんだろうなぁ。

IMGP9380_R.jpg

松江と同じく、"縁結び"が押されていましたよ(*^-^*)笑

IMGP9381_R.jpg

二の鳥居「勢溜の大鳥居」が見えてきました!

IMGP9383_R.jpg

うーん、この大きさ!
実際は一の鳥居の方が大きいと思うのですが、
二の鳥居は木製、目の当たりにすると物凄いです!

IMGP9384_R.jpg

「下り参道」。
ここの雰囲気がとても神聖で、自然と心が落ち着きます。
両脇から木々がやや傾き、うっすらと靄がかっていました。
今いち伝わらないのは、写真を撮るタイミングを失敗したからです笑

IMGP9389_R_20140703152424d5d.jpg

三の鳥居「松並木の鳥居」(撮り忘れた)をくぐると
「松の参道」に入ります。ここも素晴らしかったです。

IMGP9397_R.jpg

四の鳥居「銅鳥居」。
この先に国宝「出雲大社御本殿」が!

IMGP9408_R_201407031533212c6.jpg

出雲大社は「二礼四拍手一礼」が正しい参拝方法みたいです!
(教えてくれた友だちのMさんに感謝!)
早朝に来たおかげで、訪問者も少なく、
静かに参拝することができました。

お祈りの内容はもちろん秘密です。
まぁ、大体想像はつくと思いますけどね(*^-^*)

そして、御本殿を撮り忘れるというまさかの失敗をしてしまい、
ここに写っているのは「神楽殿」という隣の建物です(*- -)(*_ _)笑


出雲を出て、石見銀山へ向かいます!

IMGP9418_R.jpg

途中、多岐の道の駅で千葉のチャリダーのテントを見つけました!
この近くで洗濯をして、30分くらい待ったのですがまだ寝ていました笑

でかい観光バスが何台も止まり、沢山の小学生が降りてきて
「えー!世界一周してるの~!?」
と、囲まれ、騒がれたので、

「あっちにもやってるやつがいるよー」
と、彼の方にも何人か送ったのですが、それでも起きませんでした笑

「勉強頑張ってね、どこ行くの?」
と訪ねると、「江津見学~!」と元気よく出発していきました。
うーん、ちょっと負けてたなぁ。
俺ももっともっと楽しんでいかなきゃ!

IMGP9420_R.jpg
IMGP9425_R.jpg

石見銀山は日本海外周ルートからやや外れるのですが、
チャリダーは絶対に行った方が良いとお勧めします。
世界遺産はやっぱりすごかった!


IMGP9431_R.jpg
IMGP9433_R.jpg

石見銀山 五百羅漢

IMGP9452_R_20140703155854a82.jpg

石見銀山 らとちゃん

IMGP9460_R.jpg
IMGP9462_R.jpg

銀の店

IMGP9478_R.jpg
IMGP9466_R.jpg

極楽寺

IMGP9492_R.jpg
IMGP9494_R.jpg
IMGP9497_R.jpg
IMGP9498_R.jpg
IMGP9515_R.jpg
IMGP9518_R.jpg
IMGP9520_R.jpg

清水谷精練所跡

IMG_1942_R_20140703160630777.jpg

廃坑は初めて見たのですが、
良くもここまで掘り進め、こんな場所で採鉱していたんだなぁ、
と、現代では考えられない、昔の人たちの仕事に思いを馳せました。

IMG_1950_R.jpg
IMG_1960_R.jpg

龍源寺間歩(通り抜け坑道)は有料でしたが、ここは躊躇いなく払う!

IMGP9537_R.jpg
IMGP9538_R.jpg
IMGP9539_R.jpg

採鉱のパネル資料がずらっと並んでいました。
(一部なら問題ないかな?)
こうして実物と資料が揃っていると、すっと頭に入ってきます。
途方もない作業、苦労、そして様々な工夫があったんですね。


IMGP9563_R.jpg

街並みも殆ど昔のまま残っています。

IMGP9560_R_20140703161534e2c.jpg

下校中の子どもたちを脇に、
ゆっくりと町を走っていると、GIANTに乗った少年に遭遇しました!
他にもいろんな子とお話しました。

「君たちも、自分のやりたいこと挑戦すると良いよ。大きくなってもさ。」

と言うと、

「うん。でもこうやって旅が出来ているのは沢山勉強したからだろうなぁー。」

と、予想外の返事が返ってきました。
そうゆう風に見てくれる子もいるんだねぇ(*^-^*)笑
まぁ、違うけどさ!そこはかっこうつけたよね。

IMGP9559_R.jpg

沢山勉強して、遊んで、大きくなれよー。


IMGP9583_R_2014070316244471a.jpg

石見銀山に到着したときに
チラッと姿を見て気になっていたのですが、
帰り際に合流することができました!

バイクで旅をされているAさん!
初めての女性旅人にちょっと興奮(*^-^*)笑
それにしても物凄い荷物だ!

IMGP9568_R.jpg



積みすぎ!

Aさんとちょこっとお話すると、かなりフィーリングが合い、
幸いにも今晩の目的地が同じだったので、後で落ち合うことになりました!

IMGP9586_R_20140703162446070.jpg

うーん!旅、大好きって感じだなー!笑


IMGP9588_R.jpg
IMGP9592_R.jpg
IMGP9595_R.jpg
IMGP9589_R.jpg

想像していた通り、目茶目茶面白い方でした(*^-^*)笑
バイクとはいえ、まずルートが普通じゃないし、
道の駅の休憩所でごろっと寝るそうだし、
何故かやたらと重たい鍋を使っていたり、
熊に出会ったらわざわざ周りこんで激写していたり(北海道のヒグマ)。

家にあったからとりあえず持ってきた、とか、
外食しないでもっぱらパスタ、という貧乏根性。
トイレの洗面台の水も全然OK。

「気にし出したらきりがないじゃない」

素晴らしい言葉!

昨日の激走チャリダーさんにしろ、
元バックパッカーの方々は
とても大らかな感じで好きです。

昔沖縄で自分のお店を開いていたらしく、
履いていたサンダルも手作りで、可愛らしかったです。
物づくりができるってすごいなぁ。
こうゆうの作ってみたい、と思っても、
実際に自分では作れないし、作るところまでいけないんですよね。

IMGP9590_R.jpg

まぁ、なんたらかんたら、
お友達の面白いエピソードを聞かせてもらったり、
お酒を飲みながらゆっくり過ごしました。

休憩室がかなり広く24時間空いていたので、
僕もそっちで寝ることにしました。

連日年上の旅人さんと一緒できてうれしいです。
色んな方から学んで、一緒に過ごして、パワーをもらいたいなぁ!

この日は石見銀山を歩き回っていたので、走行距離は77キロでした!

IMG_1973_R.jpg



【2014/07/01 23:10】 | 島根
トラックバック(0) |
久々に2日立て続けに旅人さんと夜をご一緒したので、更新が遅れていました!
今日は酎ハイを飲んでいないので(笑)、3日分更新したいと思います(`・ω・´)


71日目は、島根県松江市の近くにある道の駅「本庄」で起床!
ここは狭い上に道路に囲まれているので、
奥や裏の方でひっそりとテントを張りたいチャリダーは避けるべきでしょう(><;;笑

たしか朝7時くらいに片づけをしていると、
向かいに泊まっていたキャンピングカーの方が声をかけてくれて、ずっとお話をしていました。
コーヒーを頂いたり、そうめんや半分くらい減った牛乳を頂いたり。
何だか僕はキャンピングカーの方々とご縁があるのかもしれません笑

大体、僕と歳が近い息子さんや娘さんがいるご夫婦が多いみたいです(*^-^*)
やっぱり僕と同じくらいの人が何をしているのか気になるし、
ご家族のお話を聞くのが最近の楽しみだったりします!


9時くらいに出発し、10キロ程進んで松江に到着!
松江はお城どころか、城下町すら戦火に巻き込まれたことが無いらしく、
昔の街並みが色濃く残っていました。

IMGP9315_R.jpg
IMGP9261_R.jpg
IMGP9262_R.jpg

うーん、良い雰囲気!
後から知ったのですが、松江は出会いのご縁があることでも有名らしいです。
確かに雰囲気良いからね~。そうゆうこともありましょうな(*^-^*)笑

IMGP9264_R.jpg

松江城の前には沢山ガイドさんがいて、
松江の歴史や見どころを沢山教えてくれました!
写真まで撮っていただき、感謝感謝です(*- -)(*_ _)

ガイドさんいわく、
松江が小泉八雲の生きた地だったことで、
海外から爆撃の対象を免れた、という説もあるとか。

「いや~、松江ですからね~。良い出会いがあるかもしれませんよ!」
と、目茶目茶出会いも押されました笑

仙台で嫁(仮)が帰りを待っていますからね!
ここは硬派に城の見学に向かいました!


IMGP9270_R.jpg

第一城人、発見か!

IMGP9268_R.jpg

「写真撮っても良いですか?」と尋ねると、
「仰せのままに」と、弓を構えてくれました。
ちょっと惚れそうでした。


IMGP9292_R.jpg
IMGP9298_R.jpg
IMGP9304_R.jpg

井戸とか、見張りのやぐらとか、石を落とす窓だとか、
当時の様子がそのまま残っていました。
一人だと余り良く分からなかったので、
ガイドさんについて回った方が良かったかも。

IMGP9276_R.jpg

階段を登って…

IMGP9280_R.jpg

松江城到着!!

やはり城から漂う重みが違う感じがしました!
石垣とか、屋根とか、窓とか、もう凄い!


城の中にも入れたのですが、入場料がかかるので

「なるほど、これは簡単には墜ちないな…(`・ω・´)」

と独り呟き、松江城を後にしました。


IMGP9336_R.jpg

宍道湖の北沿いはサイクリングロードになっている、
と聞いたのですが、普通の歩道だった上に、
途中歩道も路肩すらも無くなる、という中々に険しい道でした笑
休日だったから交通量が酷かったんね(T-T)
景色は良かったんだけれども…。

IMGP9342_R.jpg
IMGP9343_R.jpg

宍道湖の終わりから、
出雲大社にかけてのサイクリングロードは良かったで!

IMGP9344_R.jpg
IMGP9347_R.jpg
IMGP9355_R.jpg
IMG_1927_R.jpg
IMGP9359_R.jpg

30キロ近く。
余りにも誰も通らないし、風景が変わらないので途中で飽きました笑

IMGP9366_R.jpg

本当は今日は道の駅で泊まり、
次の日朝一で出雲大社に行く予定でしたが、
夕陽の出雲大社も拝んでみたい、という気持ちが出てきました。

夕陽が沈む前に、出雲大社につきたい!

IMGP9367_R.jpg

シャコシャコシャコ…。残り5キロ!
間に合うか…!








IMG_1930_R.jpg

到着!!

出雲大社、でかーーー!!(* ̄□ ̄*;

何とか太陽が沈むまで間に合ったけれど、
あまり夕陽の感じはありませんでした(≡д≡) 笑

今日観光するにはもったいないと思ったので、
入口だけ見た後、スーパーで半額弁当を買い、
道の駅へと向かいました。

IMGP9372_R.jpg


道の駅に着くと、チャリダーの先客がいました!

IMG_1933_R.jpg

ママチャリダーのTさん!

線路脇の野イチゴを食べまくっていたら地元の人に白い眼で見られた、
小雨が降ってきたので上を脱いで走ってきた、
半年で周る予定だったが2か月で終わりそう(ペースが速すぎて)、
ノーパン(水着のみ)、という、ハイレベルな旅人さんでした(`・ω・´;)笑
千葉から出発して30日程度しか経っていないのに、
既に27都道府県(北海道縦断含む)を制覇されていました。早すぎる!!

見た目はコワモテでしたが、奥さん思いの良い旦那さんでした(*^-^*)
旅の話でお互いに分かり合えることが沢山あって、とても楽しかったです!

「起きたらそのまま走っちゃうんだよねー。深夜一時とかでも。
 次の県に進むのが溜まらなく楽しいんだよね。」
とお話されていたのですが、
僕が翌日5時に目が覚めた時、確かにTさんの姿はそこにありませんでした。

IMG_1972_R.jpg

【2014/07/01 22:49】 | 島根
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。